未分類

ローヤルゼリーもっちりジェルの効果的な使い方!

52種類もの美容成分が入っていて、潤いやハリを与えてくれるのがローヤルゼリーもっちりジェルです。

1つで6役もこなしてくれるオールインワンジェルですが、正しい使い方をしないと効果も得られません。

そこで、使い方のコツについて紹介しましょう。

朝晩で違う使用量の目安

朝晩で違う使用量の目安
眠っている間に肌は回復していますから、ローヤルゼリーもっちりジェルは朝よりも夜のケアでたっぷり使うのが効果的です。

朝のメイク前のスキンケアの目安量は1円硬貨大でOKです。

その代わり、夜はたっぷりと肌に栄養を補ってあげるために、10円硬貨大の量を使ってあげましょう。

洗顔後にたっぷりと使ってあげると、寝ている間に美容成分がじんわりと肌の奥まで浸透してくれます。

肌の調子が整ってきますし、ターンオーバーを高めるのにも役立ってくれますね。

ローヤルゼリーもっちりジェルの使い方のコツ

ローヤルゼリーもっちりジェルの使い方のコツ
ローヤルゼリーもっちりジェルをササっと肌に伸ばすだけではなく、ほんのちょっと手間をかけてあげるだけで効果が倍増してくれます。

ジェルを十分に温める

ジェルを肌に乗せる前に手のひらをこすり合わせるようにして、ジェルを温めてあげましょう。

体温に近くなればなるほど、ジェルの浸透力が上がってくれます。

肌の内から外へなじませる

リンパの流れに沿ってジェルを伸ばしてあげると効果的です。肌の内側から外側へとなじませるように伸ばしていきましょう。

頬の部分は下から上へと、持ち上げるようにしてあげるとリフトアップにもなりますね。

乾燥しやすい部分は重ね塗り

目元や口元は乾燥しやすいですから、重ね塗りしてあげると効果的です。

優しく指先を使って、ポンポンと押さえるように塗ってあげましょう。

首も忘れずにしっかり伸ばす

首は年齢が出やすい部分ですし、紫外線の影響も受けやすいです。

夜のケアでは、しっかりと首にもローヤルゼリーもっちりジェルを伸ばしてあげましょう。

下から上へと優しくなじませ、耳の後ろから鎖骨に向かってリンパの流れに沿って伸ばすのがコツです。

手のひらで顔全体を包み込む

ジェルを塗り終わったら、手のひらで優しく顔全体を包み込んであげましょう。

肌が温まってジェルがさらに浸透しやすくなり、乾燥やかさつきをしっかり防止してくれます。

もっちり肌になれるスペシャルケア

もっちり肌になれるスペシャルケア
せっかく美容成分がたっぷり含まれていて、肌に潤いやハリを与えてくれるローヤルゼリーもっちりジェルです。

ただスキンケアに使用するだけでなく、スペシャルケアにも使ってみましょう。スキンケアする時よりもたっぷりめに、肌全体にジェルをなじませてあげます。

そのまま5分から10分ほど置いてあげて、肌に残っているジェルはそのままなじませるだけでOKです。

ちょっとべたつきが気になるという人は、軽くティッシュで押さえてあげるのがおすすめです。

いつも以上に肌がプルプルになって、しっかり保湿されますね。

乾燥しやすいボディにもぴったり

乾燥しやすいボディにもぴったり
首やデコルテ、冬場のボディの乾燥対策にも、ローヤルゼリーもっちりジェルはぴったりです。

ゴワゴワと固くなった肌を柔らかくしてくれて、乾燥から肌を守ってくれます。

冬場にボディが乾燥でかゆくなったり、粉を吹いたようになった時などに使ってみましょう。

お風呂上りなどの体が温まっている時に、ローヤルゼリーもっちりジェルを薄く伸ばしてあげるだけで、潤った肌になれます。

とても伸びがいいですから、少量でもしっかり保湿してくれます。

使い方次第で肌のコンディションがアップ

使い方次第で肌のコンディションがアップ
ローヤルゼリーもっちりジェルはオールインワンジェルですから、ひと手間かけてあげてもそれほど時間はかかりません。

美容成分がしっかり浸透してくれて、肌の調子を整えてくれます。

朝と夜で適量が違う点だけ気をつけて、コツを押さえて丁寧にケアして美肌を手に入れましょう。